弁護士紹介

園田洋輔 弁護士 登録年 2010年(平成22年

身近な弁護士として、相談者との信頼関係を第一に取り組んでいきます。

よく取り扱う事件

一般民事事件、家事事件、債務整理(任意整理・破産・民事再生)、労働事件、生活保護事件、交通事故事件、労働・労災事件、刑事事件・少年事件

ひとことアピール

(はじめに)
幼い頃、実家が遺産相続のトラブルに巻き込まれ、その事件を解決してくれた弁護士のようになりたいと考えたのが、弁護士を目指したきっかけです。
私が弁護士登録を行ったのは、2010年ですが、これまで取り組んできた事件を振り返ってみても、やはり、弁護士が、世間一般的には、まだまだ敷居の高い職業と思われていると感じることが多々あります。
当事務所に来られるご依頼者に対して、なるべくそのような敷居の高さを取り除きたい、という気持ちを常に持って仕事に取り組んでおります。お悩みに一人で悩まず、まずは遠慮無く、ご相談にいらして下さい。

(法律相談について)
特に法律相談というと、相談をする事自体が何か特別なことと思われがちですが、身近なお悩みが法律問題となることは多々あることです。
法律相談の際には、ご相談者のお悩みが法律上どのような問題であるのか、そして、それをどのように解決していけばよいのかについて、わかりやすく親切丁寧に応じさせていただきます。

(事件処理について)
そして、法律相談を事件として受任させていただいた後は、迅速かつ丁寧な事件処理を心掛けております。
特に、事件の解決には、相手方にもよりますが、弁護士だけが行動するのではなく、ご依頼者との二人三脚で行動を起こさなければいけないと、常々、感じております。例えば、裁判の方針や相手方との対応など、ご依頼者と綿密な打ち合わせを行いながら、事件処理を決めなければならないことが少なくありません。そして、そのためには、ご依頼者と信頼関係を持つことが何よりも重要です。このように、ご依頼者との信頼関係を第一に、全ての事件を丁寧に解決していくことを目指します。

事務所では私が一番若手の弁護士ですが、持ち前のフットワークの軽さを行かし、迅速な事件着手を行うとともに柔軟な事件解決に向けて活動をいたします。

姫路総合法律事務所へお気軽にお問い合わせください。