債務整理

債務整理
任意整理 破産手続 民事再生手続

任意整理

「借りたお金を返すことが難しくなった」、そのような悩みを持たれる方々には、当事務所では、以下の3つの方法(任意整理・破産・民事再生)での債務整理をされることをご提案いたします。
どの方法を採るべきであるかは、一概に説明することは難しいため、担当の弁護士とご相談の上、方針を決定することになります。

借金の金額が大きくはないが、現在の収入では、今の支払条件では支払っていくことはできない、そのような場合には、任意整理手続を採ることをお勧めします。
任意整理の場合には、まずは、当事務所の弁護士が、債権者に対して、受任通知を送り、債権の総額を把握いたします(受任後は、債権者との連絡は、受任弁護士が行います。)。その後、依頼者の方の現時点での収入状況に応じた返済条件を債権者に提示し、債権者がそれを承諾すれば、和解が成立し、新たに決められた返済条件で、返済を行うことになります。

任意整理のメリット・デメリット
メリット デメリット
・自己破産と個人再生のように官報に掲載 されることがないので(ブラックリストに載る以外に)第三者に知れることはない
・弁護士・司法書士に任意整理の依頼をすることによってすぐに請求が止まる
・5年程度はブラックリストに載ってしまう
・強硬な債権者だと稀に和解が成立しないことがある
・債務が全くゼロになるわけではなく、分割若しくは一括で支払わなければならない

 

過払返還請求権が発生している場合

貸金業者から長期間にわたって借り入れをされている場合には、「過払返還請求権」
が発生している可能生があります。
「過払返還請求権」とは、貸金業者に支払い過ぎたお金の返還を請求する権利のことです。過払返還請求権は、貸金業者が利息制限法の上限金利(20%~15%)を守らず、それをはるかに超える出資法の上限金利で貸付を行ってきたことから発生するものです。
「過払返還請求権」が発生しているかどうかは、貸金業者との取引状況をまず確認する必要があります。
当事務所では、過払金が発生している可能性のある債務については、取引状況の調査から返還請求の交渉・訴訟まで、全ての手続きをサポートいたします。」

破産手続

現在の収入では、借金を返済することができない場合には、破産手続を裁判所に申し立てて、借金を全て清算することを、ご検討していただきます。
破産手続は、裁判所が、法律的に、ご依頼者の借金を免責する手続きです。そのため、所有財産(例えば、持家や生命保険の解約返戻金など)の清算を検討しなければなりません。また、過度な浪費行為(ギャンブル、遊興、投機など)を行ったことにより借金が発生した場合には、免責できないなどという様々なルールがあります。手続きやルールの詳細については、担当の弁護士に、お気軽におたずね下さい。

*破産手続きを行ったからといって、選挙権を失うこともなく、戸籍や住民票に記載されるわけではありません。

破産手続のメリット・デメリット
メリット デメリット
・借金の支払義務が一切なくなる
・申立後は債権者の請求が止まる(専門家に依頼していればその時点で請求は止まる)
・5~7年程度はブラックリストに載ってしまう
・マイホーム等の価値のある財産(原則20万円以上)は処分される
・免責までの期間、一定の資格制限がある
・ギャンブルや浪費が原因の場合は免責されないことがある 官報と破産者名簿に掲載される

民事再生

「破産をすると、持家を処分しなければならないのは困る」、「借金の金額が今より少なければ返済ができるのだが、」、「破産法上の免責不許可事由があるが、法的な精算手続き採りたい」等お考えの方は、民事再生手続を裁判所に申し立てて、裁判所で決められた再生計画に基づいた返済を行うことを、ご検討していただきます。
民事再生は、裁判所が現在の債務を圧縮して、3年(ないし5年)の期間での返済計画を立て、計画通りに支払える見込みがある場合に利用できる手続きです。そのため、収入がある程度安定して得られることが前提となっており、無収入では採りえない手続きです。また、法律により返済計画の最低弁済額が定められており(借金が500万円以内なら返済額の最低額は100万円です)、ある程度の額の収入が必要となります。
民事再生手続は、破産手続きとは異なった様々なルールがあります。手続きやルールの詳細については、担当の弁護士に、お気軽におたずね下さい。

民事再生のメリット・デメリット
メリット デメリット
・住宅ローンがあっても自宅を手放さなくて済む
・負債が原則5分の1にカットされる(ただし、最低返済額は100万円)
・ギャンブルや浪費が原因であっても利用可能
・保険や自動車も処分しないで済む
・申立後は債権者の請求が止まる(専門家に依頼していればその時点で請求は止まる)
・5~7年程度はブラックリストに載ってしまう
・ 官報に掲載される
・債務整理の中で一番手続きが複雑なため、手間と時間がかかる
・任意整理のように一部の債権者を除外することができない
・財産が多いと弁済額が増える

姫路総合法律事務所へお気軽にお問い合わせください。