吉田竜一弁護士ブログ

今年も駒の尾山に登ってきました~4回目の竹嶋弁護士追悼登山

2015年2月に亡くなられた竹嶋弁護士は、ウォーキングを趣味にしており、毎年5月には姫路支部の弁護士を誘って日帰りで登山をするのが慣例となっていました。

登る山はいろいろあったようですが、亡くなられる数年前からは根曲だけを採取できる駒の尾山が定番となってたようで、竹嶋弁護士から毎年お誘いを受けていたものの、日ごろの運動不足から体力に自信がなく、「1年間、少し鍛えて来年ご一緒します」と答え続け、とうとう竹嶋弁護士とご一緒する機会を失ってしまいました。後悔するばかりです。

もっとも、2016年から事務所の石塚弁護士が幹事となって、竹嶋弁護士追悼登山と銘打った駒の尾登山が続けられており、ことらの方には私も参加させてもらっています。

駒の尾山は、兵庫県との県境近くにある岡山県の山で、天気のいいときの山頂からの展望は本当に素晴らしいものがあります。初めて参加したとき、久々の登山でしんどかったものの、その景色に疲れも吹き飛び、もっと前から参加しておけばよかったと思わずにはいられませんでした。

4回目となる今年の追悼駒の尾登山、参加者の日程が合わず、6月22日に実施となりました。

いつもは岡山県に入って標高900の地点にある登山口までは車で行き、そこから登山開始となるのですが、今年は行ってみると、昨年の集中豪雨の影響による林道崩壊のためか登山口までの道が通行止めとなっており、ぐるりと回って兵庫県の千種高原スキー場に設置されている登山口からのスタート(写真は千種高原スキー場。ゲレンデを登らないと登山口に着けません)。

登山開始が予定よりも1時間遅れ、途中からは雨も降り出す登山となったのですが、山頂付近に至った時点では雨も上がり、無事、山頂に至ることができました。

雨は上がったとはいえ、空はどんよりと曇っており、残念ながら青空のもとで壮大な素晴らしい景色を観ることはできませんでしたが、それでも山頂にまでたどり着いた達成感で、夜の懇親会ではうまいビールを飲むことができました。

1日たっても、疲れは抜けず、足も棒のようで、いつまで登り続けることができるのかわかりませんが、竹嶋弁護士が亡くなられた年齢である65歳までは登り続けたいと思っています。

そのためには、本当に日ごろから少し運動をしなければなりません。

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    沖縄県民投票~辺野古NOの明確な民意が示された!

    沖縄・辺野古への新基地建設の是非を問う沖縄県民投票が2月24日、投開票…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    パラ日本選手権の応援に行って来ました!

    冒頭のロゴがパラリンピックのシンボルであることをご存じの方は、あまり多…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    「まさか」ではなく「またか」の勤労統計不正~消費税増税は中止しかない!

    賃金や労働時間の動向を把握する厚生労働省の「毎月勤労統計調査」は、雇用…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    24回目の1月17日-阪神淡路大震災の発生から来年で四半世紀

    今日は、阪神淡路大震災が発生してから24回目の1月17日です。…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    辺野古新基地建設工事の停止を求めるホワイトハウスへの署名ーまだ間に合います!

    モデルのローラーさんがインスタで呼びかけ、作家の平野啓一郎氏やウーマン…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    「働き方改革」関連法が成立-戦後最大の労働法制の大改悪は直ちに廃止すべき!

    「働き方改革」関連法が6月29日の参院本会議で、与党と日本維新の会など…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    中村哲先生の死を悼む~武力や軍事力で国際貢献はできない
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    映画「新聞記者」~民主主義が形だけになった先は独裁主義
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    大分トリニータ J1自動昇格決定! 片野坂監督ありがとう
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    最低賃金は全国一律1500円が不可欠!
  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    生産性という言葉で多様性や個人の尊厳を否定することは許されない!
PAGE TOP