吉田竜一弁護士ブログ

沖縄県民投票~辺野古NOの明確な民意が示された!

沖縄・辺野古への新基地建設の是非を問う沖縄県民投票が2月24日、投開票されました。

投票率は52.48%、投票結果は、賛成11万4933票、反対43万4273票、どちらでもない5万2682票。反対票は7割超となりました。

投票した7割超の県民が反対票を投じたというだけでなく、43万超の反対票は、昨年9月の知事選で玉城デニー氏が獲得した過去最多の39万6632票をも大きく上回るものです。

故・翁長前知事時代に、国が沖縄県の辺野古埋め立て承認取消の違法性を訴えた裁判では、沖縄県の敗訴が確定していますが、この裁判では、沖縄県側が、過去の選挙で「辺野古反対」の民意は示されていると主張したのに対し、裁判所は、「選挙はさまざまな要因が入っており、基地負担軽減なのか、辺野古に基地をつくらせない民意なのか判断することができない」などという判断を示していたのですが、今回の県民投票は、ワンイシュー(一つの論点)での県民投票ですから、裁判所も否定できない程に、はっきりと「辺野古反対」の民意が示されたことになります。

県民投票条例では、最多得票の選択肢が全有権者の4分の1に達した場合、知事は結果を尊重し、首相や米大統領に内容を通知すると規定していたところ、反対票が全有権者の4分の1を超えたことから、玉城知事は、3月1日に首相官邸と米大使館を訪れ、結果を伝える予定にしているとのことです。

もっとも、菅義偉官房長官は投票前の2月14日の記者会見で、「どのような結果でも移設を進めるのか」という質問に、「基本的にはそういう考え方だ」と答え、投票結果が出た後の安倍首相も、口では「県民投票の結果を真摯に受け止める」といいながら、埋め立て工事の中断や見直しには一切触れておらず、民意を無視する姿勢を鮮明にしています。

そのような民意を無視する政権の姿勢について、2月26日の朝日新聞は、「これが民主主義の国か」との見出しで、「日米合意や安全保障上の必要性を強調し、明白な民意を無視し続ける姿勢は、日本の民主主義を危機に陥れている」「政権は速やかに工事を止め、県や米政府と協議に入るべきである」と述べていますが、そのとおりだと思います。

そして、そのために辺野古の問題を沖縄だけの問題とするのではなく、私たちの問題として捉え、辺野古NOの大きな声を全国に広げる必要があります。

 

 

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    24回目の1月17日-阪神淡路大震災の発生から来年で四半世紀

    今日は、阪神淡路大震災が発生してから24回目の1月17日です。…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    グローバル・ジェンダー・ギャップ指数~日本は110位(G7で最低)

    9月8日、神戸市内で行われた第38回はたらく女性の兵庫県集会で、「誰も…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    本当に困っている人たちに迅速かつ直接的、効果的な公的支援を!

    4月30日に成立した補正予算に、GO TOキャンペーンなるコロナ収束後…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    リーマン・ショック時を上回る雇用危機が目前-年越し派遣村を必要としない対策を早急に!

    緊急事態宣言が解除され、止まっていた裁判も動き出し、事務所にも新件の相…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    「働き方改革」関連法が成立-戦後最大の労働法制の大改悪は直ちに廃止すべき!

    「働き方改革」関連法が6月29日の参院本会議で、与党と日本維新の会など…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    南アフリカ優勝で幕を閉じたラグビーW杯~大盛況の素晴らしい大会でした

    ラグビーW杯、決勝で南アフリカがイングランドをくだして優勝、40日間に…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    リンゴ・スターに会えました!
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    大分トリニータ J1自動昇格決定! 片野坂監督ありがとう
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    でら最高! ポール・マッカートニー
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    パラ日本選手権の応援に行って来ました!
  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    優勝候補ベルギーに大善戦も惜敗ーW杯サッカー
PAGE TOP