吉田竜一弁護士ブログ

沖縄県民投票~辺野古NOの明確な民意が示された!

沖縄・辺野古への新基地建設の是非を問う沖縄県民投票が2月24日、投開票されました。

投票率は52.48%、投票結果は、賛成11万4933票、反対43万4273票、どちらでもない5万2682票。反対票は7割超となりました。

投票した7割超の県民が反対票を投じたというだけでなく、43万超の反対票は、昨年9月の知事選で玉城デニー氏が獲得した過去最多の39万6632票をも大きく上回るものです。

故・翁長前知事時代に、国が沖縄県の辺野古埋め立て承認取消の違法性を訴えた裁判では、沖縄県の敗訴が確定していますが、この裁判では、沖縄県側が、過去の選挙で「辺野古反対」の民意は示されていると主張したのに対し、裁判所は、「選挙はさまざまな要因が入っており、基地負担軽減なのか、辺野古に基地をつくらせない民意なのか判断することができない」などという判断を示していたのですが、今回の県民投票は、ワンイシュー(一つの論点)での県民投票ですから、裁判所も否定できない程に、はっきりと「辺野古反対」の民意が示されたことになります。

県民投票条例では、最多得票の選択肢が全有権者の4分の1に達した場合、知事は結果を尊重し、首相や米大統領に内容を通知すると規定していたところ、反対票が全有権者の4分の1を超えたことから、玉城知事は、3月1日に首相官邸と米大使館を訪れ、結果を伝える予定にしているとのことです。

もっとも、菅義偉官房長官は投票前の2月14日の記者会見で、「どのような結果でも移設を進めるのか」という質問に、「基本的にはそういう考え方だ」と答え、投票結果が出た後の安倍首相も、口では「県民投票の結果を真摯に受け止める」といいながら、埋め立て工事の中断や見直しには一切触れておらず、民意を無視する姿勢を鮮明にしています。

そのような民意を無視する政権の姿勢について、2月26日の朝日新聞は、「これが民主主義の国か」との見出しで、「日米合意や安全保障上の必要性を強調し、明白な民意を無視し続ける姿勢は、日本の民主主義を危機に陥れている」「政権は速やかに工事を止め、県や米政府と協議に入るべきである」と述べていますが、そのとおりだと思います。

そして、そのために辺野古の問題を沖縄だけの問題とするのではなく、私たちの問題として捉え、辺野古NOの大きな声を全国に広げる必要があります。

 

 

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    リンゴ・スターに会えました!

    私が中学時代からビートルズにはまっていたこと、昨年11月には長男と一緒…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    パラ日本選手権の応援に行って来ました!

    冒頭のロゴがパラリンピックのシンボルであることをご存じの方は、あまり多…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    中村哲先生の死を悼む~武力や軍事力で国際貢献はできない

    12月4日、ペシャワール会の現地代表をしておられる中村哲医師が、アフガ…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    産経新聞の世論調査でも安倍改憲には反対が多数!

    少し古い話になりますが、2015年7月24日、西播労連が姫路市の使用許…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    今年も駒の尾山に登ってきました~4回目の竹嶋弁護士追悼登山

    2015年2月に亡くなられた竹嶋弁護士は、ウォーキングを趣味にしており…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    大分トリニータ J1自動昇格決定! 片野坂監督ありがとう

    サッカーが好きな私は、大分出身ですので、当然、ガンバ大阪とともに大分ト…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    辺野古新基地建設は頓挫する! 北上田毅さんの講演
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    グローバル・ジェンダー・ギャップ指数~日本は110位(G7で最低)
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    辺野古新基地建設工事の停止を求めるホワイトハウスへの署名ーまだ間に合います!
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    蜜蜂と遠雷-小説も映画もよかった!
  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    中村哲先生の死を悼む~武力や軍事力で国際貢献はできない
PAGE TOP