吉田竜一弁護士ブログ

弔意の強制は許されない~安倍元首相の国葬に反対

岸田内閣は、7月22日の閣議で、9月27日、安倍元首相の国葬を日本武道館で実施すると決定しました。

安倍首相に対する銃撃は、被疑者の動機が何であれ、民主主義と政治活動に対する暴力として絶対に許されるものでないことは従前のブログでも述べました。

しかし、そのことと国葬にすることとは全く別の問題です。

共謀罪、特定秘密保護法、集団的自衛権容認の安保法といった憲法違反の法律を強行採決という方法によって次々に成立させ、モリカケ、桜を見る会等、権力を私的に行使し、疑惑を何ら明らかにすることなく、国会で118回も虚偽答弁を行ってきた人物、反社会的組織といってよい統一協会とも深い関わりがあったことが明らかになっている人物を対象に国葬を執り行うことなど、私自身は、あり得ないことだと思います。

もちろん、立場を異にする人からは、安倍元首相の功績には大きなものがあり、国葬とするのは当然という方もおられるのかもしれません。

しかし、より根源的な問題は、国葬が、政府が主催し、国費で行われるもので、国家が国民に対して弔意を強制するものに他ならないということです。

このような国葬は、少なくとも安倍首相の業績について否定的な評価をする人にとって、憲法19条が保障する思想良心の事由(内心の自由)に抵触することになります。

安倍元首相に対する様々な評価がある中で、全ての国民に弔意を強制することなど憲法に照らしても許されません。

今般、岸田首相が「国葬」を決めたことについては、「国葬」で安倍元首相を最大限に持ち上げて、そのまま「安倍元首相の思いを受け継ぎ、安倍元首相の悲願」であった「改憲」に突っ走るための布石としたいという意図が透けて見えるのですが、「国葬」の政治利用など言語道断です。

1日に発表された世論調査では、「国葬」に反対する人が賛成を上回っただけでなく、岸田内閣の支持率も51.0%と内閣発足以来の最低に急落したようです。

岸田首相は、国民の声に真摯に向き合うべきです。

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    エリッククラプトン武道館公演~LAYLAに大感激!

    いまだに高校、大学時代に聴いていたロックを運転中の車の中で聴くのが数少…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    自助ではコロナには打ち勝てない!

    本日行われた自民党の総裁選で、菅義偉官房長官が圧勝しました。自…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    リンゴ・スターに会えました!

    私が中学時代からビートルズにはまっていたこと、昨年11月には長男と一緒…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    敵基地攻撃能力の保有は専守防衛を逸脱する~半田滋さんの講演

    26日、元東京新聞論説兼編集委員・半田滋さんの講演「急浮上した敵基地攻…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    「働き方改革」関連法が成立-戦後最大の労働法制の大改悪は直ちに廃止すべき!

    「働き方改革」関連法が6月29日の参院本会議で、与党と日本維新の会など…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    でら最高! ポール・マッカートニー

    11月8日、ナゴヤドームに行ってきました。ポールを観たのは、2…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    今年も駒の尾山に登ってきました~4回目の竹嶋弁護士追悼登山
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    今年の姫路城の桜
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    リーマン・ショック時を上回る雇用危機が目前-年越し派遣村を必要としない対策を早急…
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    岸田内閣の支持率~27.4%の危険水域まで急落
  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    自衛隊の憲法明記で9条は変質する!
PAGE TOP