吉田竜一弁護士ブログ

でら最高! ポール・マッカートニー

11月8日、ナゴヤドームに行ってきました。

ポールを観たのは、2013年11月の福岡ヤフオクドーム、2015年4月の大阪京セラドーム、2017年4月の東京ドームに続き4回目です。

76歳になったポール、初めて観たときと比べても、少し髪が白くなっていましたが、今回ア・ハード・ディズ・ナイトに始まり、37曲を2時間半、休憩なし、途中で水分補給をすることもなく歌いきりました。

レット・イット・ビーやヘイ・ジュード等でコンサートを最高潮にして、ゴールデンスランバー~キャリー・ザット・ウェイ~ジ・エンドで終わる後半の構成はヤフオクドームの時からほとんど変わっていないように思いますが、今回、初めてラブ・ミー・ドゥー、フロム・ミー・ツゥー・ユーといったビートルズの本当に初期の曲を聴くことができました。

ビートルズの初期の曲を演奏したことについてはポールにも特別の思いがあったのではないでしょうか。

翌日の中日新聞を読むと、この日の観衆は3万7000人。

中日新聞は、「曲を終えるごとに日本語と英語でファンに向かって語りかけ『シンキョク ダガヤ!』と『デラ、サイコー!』と名古屋弁を披露すると、大拍手が起こった」と報じていますが、今回の両国国技館のコンサートでは「ドスコイ、ドスコイ」と四股を踏んだようですし、福岡ヤフオクドームの時の第一声も「カエッテキタバイ!」でした。

ファン・ファーストのポールの姿勢には本当に共感せざるを得ません。

また、休憩なしに30曲以上を歌いきるポールを観る都度に思うことですが、50を過ぎてから、何かあるとすぐに「疲れた」「仕事は60まででいい」などと考えている自分が恥ずかしい限りです。

初めてビートルズを聴いてから40年以上、後2年弱で還暦を迎えますが、「58歳なんて、まだまだ若い。まだまだ頑張る」、改めてそんな気持ちにさせてくれた、アッという間の2時間半でした。

ところで、4回目のポールですが、福岡ヤフオクドームは長女と、大阪京セラドーム、東京ドームは妻と、そして今回の名古屋ドームは長男と一緒に観に行ってきました。

今から40年以上前、中学時代は本当にビートルズにはまっており、当然、LPレコードは全部持っていましたし、レット・イット・ビーなどの映画三本立てが大分で上映されたときは、試験中であるにもかかわらず、連日、映画館に通ったりしていました。

まさか50代になってポールを4回も観ることができるとは考えてもいませんでしたが、それ以上に感慨深いのは、4回とも家族と一緒に観ることができ、家族全員を連れて行くことができたことです。

間違いなく、人生で5本の指に入る思い出になったという気がします。

付き合ってくれた妻と2人の子どもに感謝!

 

 

 

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    映画「新聞記者」~民主主義が形だけになった先は独裁主義

    中学、高校の頃、一番なりたいと思っていたのは新聞記者でした。年…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    4年に一度じゃない、一生に一度 ~ラグビーW杯が始まります!

    いよいよ20日の金曜日からラグビーW杯が始まります。サッカー好…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    車で大分に帰省~由布岳を臨みながら久住、阿蘇方面を縦走してきました

    父が亡くなって初めてのお彼岸。それほど信心深いわけでもないので…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    エンタメは空気のようなものであっても不要不急のものではない!

    緊急事態宣言が出されてから外に飲みにいくこともできず、週末、そしてゴー…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    蜜蜂と遠雷-小説も映画もよかった!

    松坂桃李さん主演の映画「新聞記者」が非常によい映画だったことは、このブ…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    ナチズムに悪乗りした憲法改正議論は絶対に許されない!

    作家・平野啓一郎氏の著書「『カッコいい』とは何か」(講談社現代新書)の…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    リンゴ・スターに会えました!
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    24回目の1月17日-阪神淡路大震災の発生から来年で四半世紀
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    ガンバ大阪‐大分トリニータ  引き分けで少しホッとしました
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    消費税増税を中止して、大企業、富裕層への優遇措置を見直すことは馬鹿げているのか
  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    5・3兵庫憲法集会に9000人! ~無関心は戦争の友だち
PAGE TOP