吉田竜一弁護士ブログ

4年に一度じゃない、一生に一度 ~ラグビーW杯が始まります!

いよいよ20日の金曜日からラグビーW杯が始まります。

サッカー好きの私ではありますが、出身の大分舞鶴高等学校は全国大会での優勝経験もあるラグビーの名門校で(ジャージはニュージーランドと一緒のブラックです)、ラグビーを観るのも大好きです。

大学時代は、旧国立競技場で早明戦や、新日鉄釜石と同志社大学で争われた日本選手権の決勝戦を観戦したこともありますし、母校の大分舞鶴が久々に決勝に残った2003年度の高校選手権は、まだ小学校の低学年だった長男を連れて花園ラグビー場に応援に行ったりしていました(残念ながら大阪・啓光学園に負けましたが、ロースコアーの好試合でした)。

ラグビーの試合終了の際に吹かれる笛は「ノーサイド」と呼ばれています。

試合が終われば、敵味方のサイドはなくなる、敵も味方もないという意味です。

ラグビーの聖地、花園には風呂は一つしかなく、高校生の試合でも国際試合でも、試合が終われば敵も味方も一つの風呂に一緒に入ることになっています(新装されても、そのままかは知りませんが)。

ONE for ALL,ALL for ONEという言葉を含め、ラグビーのそんなところが好きです。

ラグビーW杯、神戸も、そして大分も試合会場になっています。

敬老の日、この日にあわせてというわけではないのですが、大分の実家に久々に帰省したところ、JR大分駅前には武者絵をイメージし、タックルを受けながらもトライをする瞬間を表現した巨大なオブジェが設置されていました。

駅前や繁華街には、「4年に一度じゃない。一生に一度だ」との大会のキャッチコピー等が書かれたポスターや幟がいたるところに掲げられており、大会ムードも徐々に盛り上がっている印象でした。

大分では昭和電工ドームで準々決勝2試合を含む5試合が行われますが、史上初の大会3連覇を目指す、優勝候補の筆頭、ニュージーランドが試合をするということで、是非、試合を観戦したい、オールブラックス(ニュージーランド)が国際試合の前に舞うハカをこの眼で見たいと思っていたのですが、残念ながらどの会場の切符も手に入れることができず、テレビでの観戦ということになります。

日本の入ったA組、ニュージーランドにも勝っているアイルランド、前回大会で苦杯したスコットランドのいる相当厳しいグループだと思いますが、ニュージーランド、南アフリカの入ったB組、イングランド、フランスの入ったC組、オーストラリア、ウェールズの入ったD組、どこの組に入っても強豪ぞろいなのは一緒。

是非、南アフリカを撃破した前回大会の奇跡を再現させ、予選リーグを突破して欲しいと思います。

ラグビーW杯、大分だけでなく、九州では福岡、熊本でも、そして東北大震災の被災地である釜石の鵜住居でも試合が開催されます。

被災地を置き去りにしたままの東京五輪にはまったく興味を持つことができませんが、全国各地で開催されるラグビーW杯が成功すること、そして被災地の復興の一助となる大会になることを願ってやみません。

 

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    #日本学術会議への人事介入に抗議する

    日本の科学者で組織され、政府から独立して政策の提言などを行う日本学術会…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    村上誠一郎議員と松元ヒロさんに元気をもらった!

    21日、自民党の現職の衆議院議員である村上誠一郎元行政改革担当相が安倍…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    生活保護の申請は国民の権利です

    コロナ禍が収束する気配を見せるどころか、首都圏を中心に感染爆発が起きて…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    効果的な少子化対策のためには大幅な賃上げが不可欠!

    岸田首相は衆議院本会議で行った施政方針演説で、「従来とは次元の異なる少…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    私たちの暮らしと平和が争点~参議院選挙

    自民党は、わが国の防衛費を5年以内に倍増するということを公言しています…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    5・3兵庫憲法集会に9000人! ~無関心は戦争の友だち
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    わたしたちは、世界でいちばん、強くて素晴らしい武器を持っている
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    「まさか」ではなく「またか」の勤労統計不正~消費税増税は中止しかない!
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    イチケイのカラス-興味深く読めました!
  5. 未分類

    一日何もない奇跡をかみしめながら平和を訴え続ける~来年の抱負
PAGE TOP