吉田竜一弁護士ブログ

モリコーネ 映画が恋した音楽家

寒さのせいなのか、体調がピリッとせず、先週、妻と車を走らせ、気分転換にシネリーブル神戸で映画「モリコーネ映画が恋した音楽家」を観てきました。

映画音楽の第一人者といってもいいエンニオ・モリコーネを取り上げたドキュメンタリー映画です。

2時間37分の上映時間が全然長く感じない、これまでに観たドキュメンタリー映画としては、ビートルズを取り上げたEIGHT DAYS A WEEKもよかったけど、モリコーネの人間性に触れることができたという意味では、それ以上に素晴らしいドキュメンタリーでした。

エンニオ・モリコーネを世に知らしめたのは、1960年代に製作されたクリント・イーストウッドが主演した荒野の用心棒、そして夕陽のガンマン、続夕陽のガンマンといったマカロニ・ウェスタンの主題曲で、これらについては小学校か中学校のときにレコードで購入した記憶があるのですが、インタビューに登場してきたブルース・スプリングスティーンが、「夕陽のガンマンを観た帰りにレコードを買いに行った」という話をしたのを見て、思わずレコードを買いに行った自分のことを思い出してしまいました。

その後のエンニオ・モリコーネが数多くの映画音楽を手がけ、アカデミー音楽賞だけでなく、名誉賞も受賞していることは知る人ぞ知る話で、映画にも受賞シーンがもちろん出てきましたが、アランドロンが主演したシシリアン、ジャン・マリア・ボロンテが主演した死刑台のメロディーもエンニオ・モリコーネが音楽担当であったことは、今回、初めて知りました。

それでも、数多くある作品の中で、多くの人がエンニオ・モリコーネと言われてあげる音楽は、ニュー・シネマ・パラダイスと海の上のピアニストだと思います。この2つの作品の監督であるジュゼッペ・トルナトーレが、「モリコーネ」の監督です。

ニュー・シネマ・パラダイスと海の上のピアニストのシーンが思ったよりも相当短かったのが、自分の作品であるからなのであれば、おくゆかしい限りという他ありません。

ニュー・シネマ・パラダイスは、これまで観た映画の中では個人的にも5本の指に入る素晴らしい映画です。

音楽と映画も素晴らしいということでは、ゴッドファーザーと双璧だと思います。

海の上のピアニストは音楽は知っていたものの映画の方は未見だったのですが、シネリーブル神戸の帰り、TSUTAYAによってDVDを借りてきて妻と一緒に観ました。これもよかった。

見終わってから、妻はニュー・シネマ・パラダイスと海の上のピアニストのサウンドトラックをスマホで注文していました。私も借りてウォークマンの中に入れなければと思っています。

モリコーネは、2020年7月に91歳で亡くなるまで、59年間のキャリアで500本以上長編映画音楽を担当しています。数だけでも圧倒されてしまいますが、その中にたくさんの名曲が含まれているところが、モリコーネが映画音楽の父と呼ばれているゆえんでしょう。

映画を観ていて、「映画が恋した音楽家」という副題がピッタリだということがわかりましたが、モリコーネが映画に恋をしていたこともよくわかりました。

やっぱり好きじゃないと、仕事に没頭することなんか、できないんですよねえ。

シシリアン、死刑台のメロディー、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ等、見直してみたい映画がたくさんできましたが、何よりも、ニュー・シネマ・パラダイスをもう一度見返さなければという気になりました。

ニューシネマ・パラダイスでは火事で視力を失った映画技師のアルフレードが、「視力は失ったが、前より見えるようになった」と話すシーンがありますが、「体力はなくなったけど、前よりは物事がわかるようになった」と堂々といえるよう、まだまだ仕事の方も頑張らなければなりません。

 

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    エリッククラプトン武道館公演~LAYLAに大感激!

    いまだに高校、大学時代に聴いていたロックを運転中の車の中で聴くのが数少…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    そごう・西武労組のストライキを支持します!

    司法試験の法律選択科目は労働法でした。まだ労働契約法が制定され…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    東京五輪~命をギャンブルにかけることは許されない!

    2013年9月、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われたIOC総会…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    リンゴ・スターに会えました!

    私が中学時代からビートルズにはまっていたこと、昨年11月には長男と一緒…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    ガンバ大阪‐大分トリニータ  引き分けで少しホッとしました

    長男が小学校の時にサッカーにはまってから、野球を観に行くことはなくなり…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    とにかく後5年頑張ります!

    昨日は竹嶋健治弁護士の命日で、ご自宅を訪問し、ご仏前に手を合わせてきま…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    震災と法律相談
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    いますぐに停戦を! どんな理由があってもイスラエルのガザ侵攻は許されない
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    中村哲先生の死を悼む~武力や軍事力で国際貢献はできない
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    私たちの暮らしと平和が争点~参議院選挙
  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    検察庁法改正に断固反対!
PAGE TOP