吉田竜一弁護士ブログ

エリッククラプトン武道館公演~LAYLAに大感激!

いまだに高校、大学時代に聴いていたロックを運転中の車の中で聴くのが数少ない趣味の一つです(ロックだけ聴いているわけではありませんが)。

ブリティッシュ・ロックのコア部分を創り、その世界では神様的存在と言われる三大ギタリストといえば、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックだということを知っているのは、それなりの年齢になっている人だと思いますが、ジェフ・ベックは今年1月、細菌性髄膜炎に感染して亡くなりました。

ところで、ジェフ・ベックが亡くなる前の昨年12月、エリック・クラプトンの来日が発表されていました。

もっとも、エリック・クラプトンについては、2014年2月26日、大阪城ホールのコンサートを観に行き、大感激したものの、今回の来日では会場は武道館だけだということで、大阪公演はなく、半分あきらめていたのですが、自分自身ががんサバイバーとなったところに、1月にジェフ・ベックの訃報を聞き、元気なうちにできること、やりたいことはしておかなければならないという気持ちになって、2月にチケットを確保し、4月19日のコンサートに行ってきました。

結論。

行ってよかった。

初めての武道館。1階北西スタンドということでステージが見えるのか心配していたのですが、ステージ真横で、横顔ですがクラプトンの顔もはっきりと観ることができました。

肝心のコンサートでは、ロック史に残る名曲と言われているレイラ(結構前に三菱自動車のCMに使われたこともあります)、大阪城ホールではアコースティック・バージョンで演奏されたレイラをエレクトリック・バージョンで聴け、会場は総立ち、狂喜乱舞。

個人的にも、エレクトリック・バージョンのレイラが聞けただけで、東京まで行ったかいがあったというものですが、もちろん、バッジ、ワンダフル・トゥナイト等、他の演奏も素晴らしく、特にアイ・ショット・ザ・シェリフのギターソロはレイラ同様、鳥肌ものでした。

手術の影響でなかなか体力が回復しないなどといいつつ、先月は母の卒寿で大分に帰省し別府温泉に泊まり、今月は東京でエリック・クラプトンを観て、来月、福岡で開催される自由法曹団の5月集会は、ここ数年ZOOM参加でしたが、福岡まで行ってリアル参加する予定で、少しずつではあっても元気は取り戻せているのかもしれません。

2018年11月にナゴヤ・ドームで観たときのポール・マッカートニーが76歳、2019年4月にあましんアルカイックホールで観たときのリンゴ・スターが79歳、そして、今度観たエリック・クラプトンは78歳。

いつも言っていることですが、今年7月で63歳の自分なんて、まだまだ若い。

疲れる、疲れやすいなどといって、老け込むわけにはいきません。

気分一新して頑張ります。

(コンサートの帰り、ホテル近くで観た東京スカイツリー)

 

 

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    やっぱり敵基地攻撃能力の保有では平和と暮しは守れない!

    5月6日、第45回はりま憲法を守るはりま集会が姫路市市民会館大ホールで…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    医師に自己犠牲を強いる働き方改革では意味がない

    食道がん切除の外科手術をしてから2年になります。先日の定期検診…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    敵基地攻撃能力の保有と防衛費の増大は平和と私たちの生活を破壊する!

    岸田政権は、16日、相手の領域内を直接攻撃する敵基地攻撃能力を反撃能力…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    父が亡くなりました

    9日の未明に父が亡くなり、葬儀を終え、12日に大分から姫路に帰ってきま…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    本当に困っている人たちに迅速かつ直接的、効果的な公的支援を!

    4月30日に成立した補正予算に、GO TOキャンペーンなるコロナ収束後…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    産経新聞の世論調査でも安倍改憲には反対が多数!

    少し古い話になりますが、2015年7月24日、西播労連が姫路市の使用許…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    産経新聞の世論調査でも安倍改憲には反対が多数!
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    ナチズムに悪乗りした憲法改正議論は絶対に許されない!
  3. 未分類

    一日何もない奇跡をかみしめながら平和を訴え続ける~来年の抱負
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    イチケイのカラス-興味深く読めました!
  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    ロシアのウクライナ侵略は許されない!
PAGE TOP