吉田竜一弁護士ブログ

大分トリニータ J1自動昇格決定! 片野坂監督ありがとう

サッカーが好きな私は、大分出身ですので、当然、ガンバ大阪とともに大分トリニータの大ファンです。 

大分トリニータ、かつては清武弘嗣選手(現セレッソ大阪)、西川周作選手(現浦和レッズ)、金崎夢生生選手(現サガン鳥栖)、梅崎司選手(現湘南ベルマーレ)、東慶悟選手(現FC東京)等、すごい選手がそろい、2008年にはシャムスカ監督のもとでJ1で4位、その年のナビスコ杯も初制覇するなど、素晴らしい戦績を残したのですが、その後の戦績は下降線。 

2010年にはJ2に降格し、2013年にはJ1昇格プレーオフを勝ち抜き翌年J1に復帰するも、1年で再びJ2へ降格。さらに2016年にはJ3にまで降格するというところまで落ちていたのですが、J3に降格した年から監督に就任した、選手時代はサンフレッチェ広島、ガンバ大阪等で活躍した片野坂知宏氏が見事な手腕で1年でチームをJ2に復活させ、今年はJ2で2位、見事に昇格を勝ち取りました。 

とにかく、うれしいの一言。 

そして、著名な外国人選手の補強もないのに、自動昇格を勝ち取った片野坂監督、とにかくお見事。そして、ありがとう。 

シーズン通算で10点以上をあげた選手が4人もいたわけですから、まさにチーム一丸となった勝利といってよいと思いますが,そうしたチームは片野坂監督でなければ作り上げることができなかったと思います。 

一昨年秋は、J2昇格がかかったガイナーレ鳥取戦を車を走らせ、鳥取のとりぎんバードスタジアムまで観に行き、昇格の瞬間を目の当たりにし、昨年秋も岡山・シティライトスタジアムでファジアーノ岡山に完勝した試合を観戦しましたが、今年はガンバ大阪の試合は、名古屋グランパウエイト戦、ベガルタ仙台戦をパナソニックスタジアムで観戦したものの、大分トリニータの試合は観戦する機会がありませんでした。 

もっとも、J1昇格が現実味を帯びてきた10月からは、週末は、長男が加入し、長男が大学時代の下宿から持ち帰り自分の部屋でTVにつないでいるDAZNにくぎ付け。松本山雅戦、横浜FC戦、ツェーゲン金沢戦、モンディティオ山形戦をブラウン管の前で応援し、近年稀にみる大混戦の中で得失点差で抜け出し、自動昇格を勝ち取る瞬間を観ることができました。 

大分トリニータを愛する、すべての人たち、本当におめでとうございます。 

来年はラグビーのW杯が大分でも開催されますが、ラグビーだけでなく、サッカーでもおおいに盛り上がってください。 

6年でJ1、J2、J3を往復するという文字通り高速エレベーターのような近年の戦績ですが、来年以降はJ1にずっと定着してくれることを期待してやみません。浅田飴さん、来年以降もスポンサーの継続、ぜひ、よろしくお願いします。 

個人的には、ラグビーW杯も観に行きたいけど、J1での大分トリニータのガンバ大阪戦、ヴィッセル神戸戦、少なくともどちらかは観戦に行きたいと思っています(ガンバ大阪戦だと、どちらを応援してよいか迷うところですが)。

 

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    東京五輪~命をギャンブルにかけることは許されない!

    2013年9月、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われたIOC総会…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    母校の大分舞鶴と地元の東洋大姫路が甲子園へ!

    昨日開催された第94回選抜高校野球大会の選考委員会で、私の母校である大…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    父の一周忌で帰省~湯布院で久々に息抜きをしてきました!

    初盆はコロナの影響で帰省を見合わせ、供養にはリモート参加だったのですが…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    車で大分に帰省~由布岳を臨みながら久住、阿蘇方面を縦走してきました

    父が亡くなって初めてのお彼岸。それほど信心深いわけでもないので…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    今日は74回目の憲法記念日~コロナ禍の中でこそ憲法の理念の実現を!

    今日は74回目の憲法記念日です。7年8か月に及んだ安倍政権が昨…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    #日本学術会議への人事介入に抗議する

    日本の科学者で組織され、政府から独立して政策の提言などを行う日本学術会…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    2011.3.11 東日本大震災から10年
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    カタールW杯~ドイツ、デンマーク等6か国が「ONE LOVE」の腕章着用を断念!…
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    辺野古新基地建設工事の停止を求めるホワイトハウスへの署名ーまだ間に合います!
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    東京五輪~命をギャンブルにかけることは許されない!
  5. 未分類

    一日何もない奇跡をかみしめながら平和を訴え続ける~来年の抱負
PAGE TOP