吉田竜一弁護士ブログ

2022年-新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

専ら私事になりますが、母校の大分舞鶴高等学校のラグビー部は3大会振りに全国大会に出場、残念ながら2回戦で敗退し、元日を花園ラグビー場で迎えることはできませんでしたが、1回戦では相手校を完封する会心の勝利を飾ってくれました。

1月28日に出場校が決まる春の選抜高校野球でも、大分舞鶴が21世紀枠で選出される可能性が大で、選出されるのであれば春には初出場となる母校を甲子園に応援に行けるぐらいまで、体力を回復させたいと思っています。

贔屓の大分トリニータは、昨年、残念ながらJ2に転落となりましたが、天皇杯準決勝ではJ1で優勝した川崎フロンターレにジャイアント・キリングを起こし、決勝でも敗れはしましたが浦和レッズと激闘といえる本当に感動させる試合を見せてくれました。メンバーがほとんど残留するということで、1年でのJ1復帰を心から期待しています。

J3転落というどん底にあった大分トリニータを1年でJ2に、2年でJ1に復帰させ、6年間、大分トリニータを率いてくれた片野坂監督は、昨年末で大分トリニータの監督を勇退し,今期からはガンバ大阪の監督に就任します。

低予算の大分トリニータにおいて毎年主力を引き抜かれながら一定の成績を確保し続けてきた片野坂監督が、タレントぞろいのガンバ大阪でどのように発揮されるのか楽しみでなりません。

このように地元では大分舞鶴も大分トリニータも奮闘してくれているわけですが、一方、岸田首相は、1日付で発表した2022年の年頭所感で、憲法改正について「大きなテーマだ」と述べたようです。

しかし、今後、オミクロン株の感染拡大がどうなるのか、予断は許しませんが、長期化したコロナ禍のもとで、経済も医療も疲弊しきってしまい、非正規労働者、自営業者、学生などを中心に生活に困窮する人が増大し、格差が広がる社会の中で求められていることは、憲法を改正することではなく、個人の尊厳、生存の保障等を定める憲法を活かした誠実を実現すること、コロナへの対応を自助、共助に任せるのではなく、公助、すなわち政治の力によって実現していくことであるといわなければなりません。

年末のブログでは春ころまでは体力回復を最優先した試運転状態と書きましたが、退院1か月で自分でも退院直後とは比べものにならないほど、元気になったと感じています。

もちろん、まだ万全の状態ではなく、もう長期の入院は懲り懲りなので,あまり無理はしないようにしますが、それでも、これも年末のブログに書いたことですが、仕事(事件処理)だけでなく、格差社会を是正し、憲法を護る活動にも微力ながら取り組んでいきたいと考えているところです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

(アイキャッチ画像は2016年に撮影した宮崎・鵜戸神宮)

関連記事

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    災害、コロナに悪乗りした改憲議論はすべきではない!

    2009年の民主党政権の誕生により、一度は頓挫したと思われた憲法改正議…

  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    母校の大分舞鶴と地元の東洋大姫路が甲子園へ!

    昨日開催された第94回選抜高校野球大会の選考委員会で、私の母校である大…

  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    私たちの暮らしと平和が争点~参議院選挙

    自民党は、わが国の防衛費を5年以内に倍増するということを公言しています…

  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    傍観者になってはならない-森元首相の女性蔑視発言

    東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長である森喜朗元首相、2月2日に…

  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    いいこともあった春ですが、坂本龍一さんの訃報は残念です

    3月末、90歳となった母の卒寿のお祝いに大分に帰省、父の仏壇を参って、…

  6. 吉田竜一弁護士ブログ

    カタールW杯~ドイツ、デンマーク等6か国が「ONE LOVE」の腕章着用を断念!

    今年のJリーグ、J2の大分はスタートダッシュに失敗し、後半は奮闘したも…

  1. 吉田竜一弁護士ブログ

    南アフリカ優勝で幕を閉じたラグビーW杯~大盛況の素晴らしい大会でした
  2. 吉田竜一弁護士ブログ

    優勝候補ベルギーに大善戦も惜敗ーW杯サッカー
  3. 吉田竜一弁護士ブログ

    やはり死刑は廃止されるべき~平野啓一郎氏の「死刑について」を読んで
  4. 吉田竜一弁護士ブログ

    2022年-新年のご挨拶
  5. 吉田竜一弁護士ブログ

    いいこともあった春ですが、坂本龍一さんの訃報は残念です
PAGE TOP